キャッシングの借入限度額は年収と返済能力で決まる

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは企業ごとに借入限度額と呼ばれるものが定められており、借りられる融資額の限界を示す要素として重要視されます。
これは提供する企業側の都合や設けられている基準以外にも、利用者個人の経済力に応じて増減させる傾向が強く、審査によって返済能力が高いと判断されるほど初期の段階で高めの限度額設定になりやすい特徴を持っています。
借り入れ状況次第では企業側から優遇されてキャッシングの限度額が増加する事もありますが、期限を守った返済と余裕のある収入源が不可欠です。
また、他社から既に融資を受けている状況では年収も大きく関係してくる可能性が考えられ、法律の総量規制によって個人年収の3分の1を超える融資が禁止されている影響から、2社目以降の借入限度額は低めになってしまう場合が想定されます。
キャッシングを複数社利用する行為は管理が疎かになるリスクを生じる他、企業側からの信頼性を損なう危険性も伴う為、できるだけ少ない企業から融資を受けて計画的に乗り切る選択が大切となります。