消費者金融でキャッシングする際、会社員の限度額は

キャッシングは即日にも融資を受けることができ、無担保無保証で本人の信用で利用できるとても便利なサービスです。
安定した収入があることが利用できる条件ですので、会社員の方ならまず安心して申し込めると言えます。

そして、キャッシングを利用する場合は対応の早い消費者金融が選ばれることも少なくありません。
キャッシングを利用する場合は、どれぐらいの金額を得られるのかも知っておきたいですが、消費者金融を利用する場合は、まず限度額はその人の年収の3分の1までとなっています。

消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっていますので、会社員の方の場合はその年収の3分の1までの借り入れとなります。

そして、一ヶ所につき年収の3分の1というわけではなく、すべての借り入れの合計が年収の3分の1までとなっていますので、間違わないよう注意しましょう。

それから、すでに総量規制一杯まで借り入れしてしまったという場合、消費者金融ではそれ以上の融資は受けることはできません。

とはいえ、まったくお金を借りられないというわけではなく、こういった場合も銀行のキャッシングなら利用することが可能です。
銀行の借り入れの場合は総量規制の対象外となっていますので、より限度額も多く、すでに総量規制まで借りている方の場合も申込が可能です。

キャッシングも銀行と消費者金融ではサービス内容や条件も違いがありますので、それぞれの特徴はよく理解して最適なサービスを選んでいきましょう。