キャッシングQ&A!もし返済が困難になってしまったら?

キャッシングの返済が困難になった状況によります。

キャッシングの債務が完全に返済不可能であれば債務整理を検討していきましょう。

債務整理を行うと借金は減額または帳消しになります。
手続き方法は複数あり、どの手続きにも特徴があるため、まずは自分にベストな手続きを検討する所からです。

キャッシングの債務が少額なら任意整理、特定調停、個人再生を検討します。
こちらの手続きは減額メインで、手続き後に残りの債務を返済し、完済したら終了です。
自己破産は、借金を帳消しにする手続きです。
手続き後のペナルティが他の手続きより多めである事が特徴です。

一時的にキャッシングの債務の返済が困難な場合、利息のみ返済が可能かどうかを連絡しましょう。
連絡先はキャッシング会社です。
キャッシング会社によっては柔軟な対応を行うため、諦めずに交渉してみましょう。
柔軟な対応が可能であれば、利息のみ返済し、この間に生活を立てなおすだけです。

親族に立て替えてもらう方法もあります。
家族に話すのは難しい選択ですが、話す事で立て替えが可能となれば得られるメリットは大きいです。
家族への返済には利息は発生せず、支払い期間にも余裕が生まれるためです。
一応、話せる相手がいる方は、検討しておきましょう。

他のカードで対応する選択もあります。
ただし、結局は支払いを後回しにしているだけの行動です。
支払い能力がない人の場合は素直に債務整理を検討しましょう。

キャッシングで困った時の豆知識として覚えておきましょう。