銀行キャッシング 主婦

銀行キャッシングは消費者金融のキャッシングとは異なり、総量規制の対象外になります。
総量規制は、年収の3分の1を超える貸付を禁ずる規制で、貸金業者でもある消費者金融のキャッシングを利用する場合、借入残高があれば、その分が年収の3分の1から差し引かれますので、キャッシングの利用可能額は減る事になるのです。
その点、銀行キャッシングと言うのは総量規制の対象にはなりませんので、年収の3分の1を超えるキャッシングも審査に応じて可能になると言う利点があるのです。
因みに、消費者金融ではパートやアルバイトなどをしている主婦の人はキャッシングを利用する事が出来ますが、自ら収入を得ていない専業主婦の人は利用する事が出来ません。

しかし、銀行キャッシングの場合は、配偶者に安定した収入が有る事でキャッシングの申込みが可能になっているのです
これも総量規制によるもので、年収がゼロの人は年収の3分の1以内と言うものもゼロになりますので消費者金融ではキャッシングを利用する事が出来ないのです。
銀行キャッシングは自らの収入がゼロであっても、総量規制対象外ですので、キャッシングの申込みが可能になっているのです。

尚、銀行キャッシングの場合、専業主婦の人が利用出来る利用限度額は銀行により様々ではありますが、50万円などの極度額になっているのが特徴です。
サラリーマンなどの場合は、勤続年数や年収に応じて300万円や500万円と言ったキャッシングが利用出来ますが、自らの収入を持たない人や、アルバイトを行って収入を得ている学生、契約社員や派遣社員などの場合は、利用限度額は低めになっているのが特徴なのです。

これは収入に応じた返済能力によるものなのです。
返済計画は必ず立てましょう。おまとめ楽々返済術では返済方法について紹介しています。
尚、銀行キャッシングの審査は消費者金融と比べると厳しいと言いますが、少額のキャッシングの場合は本人確認が可能な書類の提出だけで審査が行われることからも、必ずしも厳しいとは言えませんし、過去に延滞などをしていなければ即日キャッシングを利用する事が出来る銀行も多数あるのです。